ツリーがいっぱい

先月、お年寄りの教室でクリスマスツリーの壁掛けを作ってもらった。 それが今回焼きあがったのだけど 良かった。大きなヒビもなくきれいに出来てる。 素焼きの段階でところどころに小さくあったりしたのだが 釉薬で埋められて見えなくなってる。 ここ何年か、10月の教室でクリスマスにちなんだ物をつくって 12月の教室の時にお渡しするとい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

実験し続ける

ある時、生徒さん達とお茶をしていたとき 使っていた湯呑を手が滑って落としてしまった。 この湯呑作ったのは5年以上前。 教室で練り込みでのひも積みの見本として作ったもの。 底は信楽土。1段目は赤土。2段目は信楽と、交互に土の色を変えて積んでいくやり方。 しかしひも積みは積んだ土の継ぎ目をなじませてくっつけるので土の色をかえる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

焼魚専用長皿を考える

昨日の教室での出来事。 焼魚用の皿を作りたい方がおられた。 こういう場合はA5版位の紙の大きさが型にしやすいよという。 ただしこれは切り身用。鮭とか鰆・鰤もええなあ。 あと、鯵や鰯くらいの干物もいけますよねえ。 すると秋刀魚をのせたいのだ、とおっしゃる。 うっっ。秋刀魚は相当大きく作らないとダメですよ。 よく聞くのはつくっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

闇に飛ぶ

深夜に湯船に浸かっていたら昼間よりも外の音がよく聞こえてくる。 終電の駅から出ていく音。 やんちゃなバイクの過ぎ去っていく音。 救急車や消防車はやや緊張して耳を澄ます。 酔っぱらいの話し声は聞き取れないけど笑ってしまう。 など、風呂の中でぼーっとしながら聞いている時間が結構好きだ。 そんな中ある時「かあー、かあー。」と、遠く…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

戌だらけ

月1回の京田辺にてのお教室。 先月あたりから干支の置物を作り始める。 来年は戌。 いぬは身近な動物だし干支作りでは楽なほうだと思ってたけど 皆さん苦心されていた。 だいたい普段は食器や花器を作っているのに 手捻りでとなると手順からして違うから勝手が分かりにくいのかな。 まずはオスワリしてるポーズのいぬを作りだしたけど …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

つぎはぎでぐるぐる

デイサービスといえば。 夙川のデイにはもう5年になるかなあ。 2カ月に1回しかないのでそんなに行ってる感じはしないけど。 一昨年くらいからは作業所から木津川市内のデイにも 足を運んでいる。ここも年に3~4回しか行ってない。 回は少ないけれどお題を考えるのが大変で。 あんまり活発でないお年寄りたちに手を動かしていただくのが目的…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コドモうけしたの

引き続き五六市リポート。 今回出店していて子供たちに目立ってうけていたのが、 ゆきだるまのエンピツ立て。 信楽土のボディに赤土でバケツ型の帽子とマフラー。 黒土で目と口を張り付けた、ちょっと地味めな色合い。 両脇に穴を一つずつ空けておいてそこに鉛筆を挿すとバンザイの形になるのだ。 今回はクリスマスっぽい作品を用意したので…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

みんなになでられる

五六市リポートの続き。 今回好評だったのはオオサンショウウオ小物入れ。 大きさは縦23センチ位・横15センチ位。 蓋つきではあるが正直何に使うか自分でも分らない(笑)。 聞かれたらとりあえずシュガーポットですかねえなどと言うが。 通る人たちの目を引いて立ち止まっていただけたらと思って連れていった。 この子をブースのかどっこ。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

寒いけど暑かった

一昨日の話。五六市に出店した。 今回はコインパーキングの中のブース。初めての場所。 今年は前半はあんまり抽選に当たらなかったが7月・9月・11月と 1カ月おきに出せてるのでコンスタントといっても良いかもしれん。 しかしこのペースなら12月は当たらんかもなあ。 となると年内最後の手作り市になるかもなので少々気合を入れて準備し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more