土にキレる

現在、制作している横で土の再生をしている。 年明けに45名の教室があるので少しずつためているのだ。 45名それぞれに土を渡して手ひねりする。 そのために1キロ計ってビニール袋に包んだのを45個作らねばならない。 去年は学校教材用の土を使った。最初から小分けになってて便利だった。 たまたま、そんな土がもらえた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

爪切りせな

爪が伸びてきたなあ。 2ミリほどだけどこれがうっとうしい。 と、運転中に気がついた。 普段ならすぐ手の届くボックスに爪切りを入れてるのに無い。 この前片づけたか・・・。 かばんの中にも1個入れてるはずが無い。 あー、違うポーチに入れてたかな・・・。 いつもワタシは深爪にしている。 爪が長い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お抹茶をドウゾ

教室でお抹茶茶碗を作る会をおこなった。 大ぶりの丸みある筒形ををひも積みで成形して 高台とうちそとを削って仕上げる。 普段はちゃっちゃと数を作ったり重いままに仕立てたり 簡単に成形を終わらせる生徒さんが多いので たまには1個の作品にじっくり向き合うのも良いかなと始めた。 時間は気にせず薄い軽いきれいな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小学生って

木曜日の話。仕事で小学校に行ってきた。 毎年1回、作業所に陶芸の授業の依頼があるのだ。 ずいぶん久しぶりだ。楽しみな反面緊張もあった。 なにせ1クラス40名!しかも午前と午後との2クラスおこなう。 6年生なので自分で考えさせる事は可能だからちょっとはラクだろーな などとも思ったが、ラクではなかった。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

はしるはしる

一昨日のこと。作業所で窯場の棚を見ていてあることに気づいた。 二日後に釉薬掛けのあるNサークルの作品がない。 しばし考えて職員に声をかける。「Nサークルの作品無いようだけど?」 彼は固まった。「ああああ。取りに行ってません(汗)」 「明後日釉薬掛けだよ」「うわーーどうしよう。」 作業所から車で30分のNサー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ツリーで斬られる

夙川のデイサービスの教室に行ってきた。 ここの参加者さんは毎回少ないけど有りがたいと思う。 人数が多いとなかなか細かく見れないので少ないほうが対応しやすい。 お年寄りで自分からは動いていただけない方が多いから。 今回は4名。その中に初めてお見かけする方がいた。 お題はタタラを型紙にあわせて切って張り合わせて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

猫の落し物

土の再生をしなくちゃ。 教室や自分のくず土がたまってしまった。 それをバケツにぶちこんで水を入れて吸わせて ドロドロに。バケツ3個分も出来た。 さてアトリエの裏に素焼きの鉢を放りっぱなしにしてある。 取ってきてほこりを拭いてドロドロを入れよう。 それで水分を抜くのだ。 と、2個重ねてあるのを見た…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鼻水が黒

午後はひたすら研磨作業をしていた。 素焼き前にとがった部分やバリを取ったり 練りこみしてるのは模様をきれいに出すため サンドペーパーで研ぎ出すのだ。 この作業ワタシは気が重い。粉が出るから。 なんせ慢性鼻炎持ちなので。しかも今は喘息もある。 しかしそんなことは云ってられない。ひたすらごしごししゃかしゃ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ひとり反省会

昨日さんざん思い悩んだ甲斐もなく(?) 今日の五六市は晴れた。しかもかなり暑かった。 時折吹く突風が砂埃を飛ばしてこれには閉口したけれど。 祭のお神輿も出てお客さんも多くてにぎやかだった。 そんな中ワタシのブースはやや成績不振だった。 帰宅してからひとりで思いかえし、次に向けて反省会を行う。 面白かっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

連れはなし

ああ~。テンション上がらない~。 明日の五六市のことである。 どうしてか。もちろん台風が来てるから。 今までも何度か雨に遭う事はあった。 でも陶器は雨があたってどうかなる心配はないので 自分が濡れてしおれないようにだけ(笑)気をつけてた。 その代わり帰ってから濡れた作品をかびないように 改めて全…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

毎年秋は

あちこち行ってる教室のなかで 月イチのサークルは毎年今頃に干支作りをする。 もともとは、何年も食器や花瓶を作っても どこかでネタ切れになってしまうものなので 干支の置物を作ろうっていうのは ちょっと変化球のテーマになっていいなとある時始めた。 さらに年ごとに替わるので毎年違ったお題をいただくような感覚…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いそいそがしがし

じんましん大発生から1日経った。 起きた時に腰回りくらいにむずむず感は残るものの明らかに症状は軽くなった。 よく考えると着るものの刺激がきっかけになった可能性があるので 靴下をはかず、ブラのホックは外しておいた。一人の時に。 ぱんつをはくのも止めようかと一瞬思ったがそれはちゃんとはいた(笑)。 午後には朝残…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

踏んだり蹴ったり蹴ったり

毎年今頃ワタシは体調を崩す。 風邪をひきやすくなったり。 今年はぜんそくがきた。 毎年のことで慣れっこなので レンコン葛湯を作って飲んだりのど飴を常備してしのいでいる。 が、今年はちょっと違うみたい。 今朝異変に気が付いた。 腰から足が以上に痒い。 しばらく掻いてはっと足を見るとでこぼこ。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

迷惑駐車には妄想で

(また来てはるわ~) アトリエの前は一方通行である。 その道路上に車を停めている人がいるのだ。 だいたい週1、平日の午前中に、2~3時間くらい。 運転手はずーっと中にいて、じーっとしてる。 寝てるようでもあるし音楽を聴いてるようにもみえる。 最初はアトリエの上のマンションの住人の関係かと思った。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゴー!ヤー!

今年の5月にゴーヤの苗をたくさんいただいた。 その時はまだグリーンカーテンに取り掛かっていなかったので 家の西側の窓に向かって苗を植えた。 それらは順調にぐんぐん伸びてじゃんじゃん繁って ちょっと部屋が暗くなるほどの見事なカーテンになった。 しかし実があんまりならない。 8月は「なかなかならないねえ」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

覗く猫

あるとき、教室でカワイイマグカップを作っておられる方がいた。 それはカップの外側から猫がよじ登っているのがくっついていて 猫の尻尾が取っ手になっている。 最初は見ているだけだったけど別の方が「あれやってみたい」と仰って でも猫の形状に苦労されていたので見本として途中から一緒に作り出した。 出来上がったのがま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

土瓶の変遷

毎週月曜日の作業所にての夜間の教室。 いつも7時半くらいにお茶とお菓子をいただく。 ここで使っている土瓶はワタシが作ったものだ。 何年か前に生徒さんに土瓶とゆのみのセットを譲っていただいた。 それで最初はお茶をいれていたのだけど、 あるときワタシが土瓶の蓋を落として割ってしまった。 なので大きさを合わ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

餃子専用おお皿

あるとき、大きめのフライパンを買った。 餃子が一気に30個以上は焼けるくらいの で、いざそのフライパンで焼いてみたら大きすぎた。 確かに、35個は入るが、しかし。 このフライパンに見合う皿がない。 実際焼いてみると、 まずヒマワリ状に生餃子を並べる。 そして焼いた後フライパンに皿をかぶせてひっく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お年寄りと

デイサービスの教室に行ってきた。 ホームや通所のお年寄りの方に体験していただくのだ。 今日作るのは四角く、へりを起こさず、下駄の歯状の足がある 「まないたみたいやな」 「ハイ、まないた皿っていうんですよ~。」 和食ではよくある刺身や焼き魚用のお皿だ。 たたらにスライスした土を長方形にカットし、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

提灯鮟鱇出現!!

天河火間は20日に窯出しだった。 ワタシはこの時もお手伝い出来ず。 今年はとにかく日程が合わな過ぎてカナシイ。 仕方がないので、ワタシの作品は置いといていただいて 今日ひとりで受け取りにいってきた。 お彼岸のせいか、ところどころ渋滞にあいながら お昼前に天河に着いた。 ひとこえかけてから工房のシ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more