懐かしいひと達

新しい年になってから面白い事が続く。

久し振りの友人とメールをやり取り。

作品を一つ買い取ってくれた。

欲しい、と云ってくれた事よりも昔と変わらない態度が嬉しい。

具合を悪くしていた知り合いからの電話。

遊びに来てよ、とのお誘い。

その日は都合が付かず残念。だけど再開を約束した。

そして昔お世話になった人から「今寝屋川に居るんやけど」

おおっ。「ぜひ寄ってください!」

連絡あって気が付いた。3年間全くの音信不通だった方だ。

聞けばたまたま寝屋川で仕事に来てたとのことで

顔を合わせてお互い「変わらへんなあ」。

ありあわせのお菓子とお薄を点てて出す。

でも喋って喋って止まらない。

アトリエのワタシの作品を見て相変わらずだと云ってくれた。

そしてワタシもつい云ってしまった。
画像

「年内個展するから。」

思ってはいたものの宣言したのはここが初めてだ。

でも変わらず元気でやってることを見せたかったから。

だから別れる時のあいさつは「またね」。

自分が誰かに覚えられてる。そして連絡を取り合う。

そのことが何よりも嬉しい。

嬉しいなんてもんじゃない。ホントはいちいち泣きそうだった!

"懐かしいひと達" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント