うえをむきたいから海驢

昨年の6月のこと。
緊急事態宣言は明けていたけれど、教室の休みは続いていた。
イベントも再開のめどは立たず。
ただ個人でアトリエに来られる生徒さんとしか会わない日々だった。
それも休まれる方は休んでおられたし。
そんな中で海驢(あしか)を作った。
最初は鉢だった。
生徒さんが作られるときに見本になるように同時進行で作ったもの。
なんとなく乾燥させずに数カ月保留させておいた。
ある時猛烈に「積も!」と思った。
鉢の両脇から叩いて絞めて丸いボウルを楕円形のボウルにし、
ひも積みで高さを出して真ん中を橋渡しするようにつないで二口の花器のようにして。
さらに、ひとつの口は丸く成形していき、先を細くする。
もう一つの口はとがらせていってから先は二股に分かれた平たい板状にする。
前者が頭で、目鼻口をつける。
後者は足というかひれなので、筋を入れた。
出来上がったものは蚊遣り。
下半身にあたるところは大きくくりぬいて蚊取り線香を出し入れできるように。
胸のあたりに透かし模様を入れて空気を通りやすくした。
ここまでで延べ3日。だいたい3時間ずつだから9時間かな。
誰かこれを見て笑ってくれたらいいなといつも制作する。
そうやって手を動かしているワタシがいつもニヤニヤしているのだ。
KIMG1047.JPG

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント