底に!穴が!

現在専門学校の教室作品をせっせと焼いている。

結構時間がかかってしまっている。

数が多い上にその前に先に頼まれてたお皿を焼いていたので。

さて、釉薬掛けの前にどの作品に何を掛けるか、仕分けていた。

すると1点、「ん?」サインが極太で書かれている。

作品にはそれぞれ制作者自身のサインを書いてもらっている。

竹串で。裏に。マグカップの。

「も・もしかして・・・」カップの内側から覗くと点があり、光が透けて見えた。

「貫通してるやんかー」がっくり。

マグカップは空き缶に5ミリ厚さにスライスした土を巻き付けて作る。

そして底を付けたあとにサインを入れてもらう。

この時コドモ相手の時なら軽い力で書いてね、と云っている。

「竹串できつく書くと穴あくよ。ジュース入れたらもれちゃうよ。」

などと具体的に云うとたいがい理解してくれる。今回そこの説明はしなかったっけ。

相手は高校卒業以上の生徒さん達。云わなくてもわかるもんやろと思ってたけど

土を初めて触る人もいる。鉛筆使う時に筆圧の強すぎるくせの人もいる。

そのくせのまんま竹串を使ったら深く彫った字になる。刺し過ぎると穴があく。

というところまで想像がいかないんだろうなあ。

まあ、竹串で突いた穴なので釉薬で埋まるはず。念のためガラスも入れておけば大丈夫。

という訳で次にお年寄りのデイサービスの作品も一緒に仕分け。

するとここにもあった。

サインが深ーく線書きされてる。表返すとその線上にヒビが。
画像

「あっちも、こっちもかいな!」

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック